New!
You are here: Home » 東和文化教室 » 中国茶めぐりの旅 » 文文中国茶めぐりの旅~安吉白茶~

文文中国茶めぐりの旅~安吉白茶~

 

産地は浙江省安吉県。西湖ロンジン茶の産地である杭州から北西に位置する場所にある。

中国の伝統的な白茶は福建省の政和や福鼎で作られており

安吉白茶は「緑茶」である。

この茶は在来種から突然変異でできたお茶で、茶葉がフツウの緑茶に比べて白っぽく見えることから

「白茶」と名前がついた。

アミノ酸含有量が一般の緑茶に比べ2倍もある。

1980年代から生産されはじめ、見た目の美しさと上品な味わいから

上海でも人気の緑茶。

 

摘み取ったばかりの生葉はとても柔らかで少々白っぽい緑色。cha111-150x150

車を降りて茶畑まで山道を約1時間ハイキング。山には野の花が咲き、ダムには豊かな水があり、すばらしい自然と美味しい空気を堪能しました!

 茶園の門には、山道用に少数のバイクが並んでいました。 しかしこの自然と環境を守るため、基本は歩きです~。    cha13[1]

 

 

 

 

 

cha12[1]茶園内は春の花が満開!

 

 

 

 

 

 cha2[1]ぞくぞくと、おばちゃんたちが午前中収穫した茶葉を持ち帰るところ。

 

 

 

 

 

cha4[1]午前中収穫した茶葉納めます。もちろん全部手摘みです。

 

 

 

 

 

cha5[1]茶摘みのおばちゃんたちのランチタイム♪ 茶園からできたての熱々ランチが提供されます。

 

 

 

 

 

cha14[1]茶摘のおばちゃんたちのほとんどは地方からの出稼ぎ労働者。茶摘の時期は茶園内にある合宿所で暮らしていなす。

茶摘用の籠や、洗濯物が気持ち良さそうにそよいでいました~。

 

 

 

 

cha6[1]伝統的様式の第一滴水茶館にて、地元特産品である旬の筍の子や地鶏などの家庭料理が頂けます。

どれも素材が新鮮で美味しいお料理に箸がすすみました。

また、野生の菊とクコと安吉白茶を調合したお茶は、見た目も美しくお料理との相性がぴったりでした。

DATA
『第一滴水』
– ADD
安吉県

レポート・フォト文文