New!
You are here: Home » 2016国慶節宿泊団体ツアー » 2名催行国内ツアー 敦煌・嘉峪関・張掖4泊5日

2名催行国内ツアー 敦煌・嘉峪関・張掖4泊5日

張掖1張掖丹霞地貌(ちょうえきたんかちぼう)   マルコ・ポーロの「東方見聞録」でも知られるシルクロード河西回廊の街、張掖。
この街から50kmほど離れた場所に広がる「張掖丹霞地貌」は、赤い堆積岩で形成された美しい縞模様の地層が見られる広大なカルスト地形。
「丹霞」の「丹」は赤・朱色を意味し、「霞」は夕焼けなどで空が紅色に染まる現象や雲が鮮やかな色に染まる「彩雲」のことを表します。
地貌が最もその美しさを放つのはなんといっても夕刻。起伏に富んだ大地が徐々に紅く染まっていく様は、映画のセットのようであり、CGで作られたような美しさでり、一生忘れることができない絶景です。
多彩な形にうねる地層が大地に見事な赤のグラデーションを生みだし、沈みゆく夕陽が大地に陰影を描きます。その光景は中国のグランドキャニオンとも称されます。
この張掖丹霞地貌は、2002年に発見されたばかり観光スポットで、「絶景観光地」として整備が進められ、近年観光客が増えています。
シルクロード旅行の代表「敦煌」に加えてぜひ、訪れたいおすすめスポットです。

嘉峪関城壁嘉峪関   万里の長城の西端に築かれた関城で、北方民族の侵入を防ぐために2500年前に建造されました。以後増築と崩壊を繰り返しながら「天下第一の雄関」としての役割を果たしてきました。3つの城楼があり長城の最西端を守っています。

キャラバン隊2敦煌  5000年以上の昔から、ユーラシア大陸を横断し東西文明が交流し融合の舞台となった大交易ルート「シルクロード(絲綢之路)」。その魅惑的な名前とは対照的に、このルートは、広大な砂漠や大山脈の峰々など荒れ果て乾燥した大地が支配する未開の地であり、往来するキャラバン隊を阻む厳しく過酷な道のりでした。古代から「財」という「夢」に魅せられた多くの人々がこの路を行き来し、「夢」は同時に「挫折」と「死」」が常に隣り合わせの危険な冒険の旅でした。 シルクロード地図シルクロード東の起点・中国側の出発地である西安から蘭州を経由する「河西回廊」と言われるルートで最初に到着するオアシス都市・敦煌。シルクロードはこの地を基点に、トルファンからウルムチへ向かう「天山北路」、同じくトルファンで分岐しカシュガルへと向かう「天山南路」、玉門関や陽関を経てタクラマカン砂漠を抜けカシュガルへ向かう「西域南道」の3ルートに分岐していました。季節や天候などの条件に応じてキャラバン隊は3つルートから最も好ましいルートを選んでいたとされています。 映画敦煌よりシルクロードがもたらす莫大な富と利権を巡り、これらを保持し続けようとするオアシス都市国家、一手に掌握しようとする強大な中華帝国、利権を奪おうと来襲する遊牧民族の攻防の歴史が繰り広げられていました。 敦煌は、ジアとヨーロッパとを結ぶ東西交通網の要衝の地であり、時には中国の玄関口の都市として、また時には独立を保ち、時には異民族の支配も経験しながら攻防の歴史の中で盛衰を繰り返してきました。 かつては「沙州」と呼ばれていたこの地は、東西交易の要衝と軍事拠点によって「大きく(敦)栄える(煌)」という名前に由来する「敦煌」と呼ばれるようになったと言われています。

敦煌莫高窟

敦煌_月牙山2_Rインドで興った仏教は、シルクロードを経て徐々にオアシス都市や遊牧民族に浸透し、東漸し中国にもたらされてきたことは広く知られています。シルクロードの往来は、点在するオアシス都市に宗教文化・芸術をもたらし独特の文化を育むことになったのです。敦煌も先進先端の仏教センターのひとつとしての役割も持つようになり、早くから仏教の修行僧が多く仏教信仰が盛んでした。オアシス都市では、四世紀頃から禅の修行道場としての石窟が数多く作られるようになり、敦煌でも366年に楽僔という僧侶が東からやって来て莫高窟の開創を始めたことを契機に500もの窟が作られたとの記録が「莫高窟記」などに残されています。楽僔が、夕陽を浴びて金色に輝く三危山に千仏の威厳を感じ、向かい側の鳴沙山の窟に石窟を掘ったと言い伝えられています。 その後も時の為政者や有力者からの経済的援助も受けながら、14世紀の元代まで10王朝約1000年にわたり掘り継がれ、南北1.8キロに渡り1000以上の窟が今日に残されています。現在発掘されているのは、そのうちわずか492窟ですが、それでも45000㎡に及ぶ壁画と2400体を超える仏像が残されています。 窟内の仏教壁画は、石窟を掘ったあとに壁面や天井を漆喰で塗り固め、顔料を使ってそこに仏画を描いたものです。釈迦の前世の物語「本生譚」を筆頭に古代の神話伝説を含む豊穣な世界が展開されており、いずれも開窟された時代背景を大きく反映した内容になっています。 石窟群の中に収められている仏像は、初期のものはギリシア色や遊牧民族色が強く、顔つきが濃かったり、特別な脚の組み方をしています。時代が下がるに従ってそうした多彩さはなくなり、柔らかく、落ち着いた造形になります。 1900年に、王道士が第16窟奥敦煌文書で、土砂に隠された第17窟を発見しました。そこから一説では45,000点といわれる経典や写本、仏画、公文書、私文書など中央アジア研究の学術的価値が非常に高い文書が見つかり敦煌文書と名づけられました。これらの多くは海外に持ち出されたのち、敦煌学という学問が成立するきっかけになっています。 敦煌莫高窟は、現存する世界最大規模の仏教遺跡として、1987年に「莫高窟」の名で世界文化遺産に登録されました。世界文化遺産は、6つある登録基準のうち、少なくともひとつを満たすことが条件ですが、「莫高窟」は6つの登録基準全てを満たしており、「ベネチアとその潟」「泰山」と並んで「キング・オブ・世界遺産」とも称されています。

莫高窟観光

257窟 鹿王本生 北魏莫高窟は、莫高窟案内人に従って見学します。写真撮影は厳禁となっており、カメラや荷物は入口で預けることになっています。窟内は暗いため懐中電灯などを持参されることをお勧めします。 世界遺産に登録されている石窟の数は492。時代別に分けると、五胡十六国9、北魏23、西魏2、隋97、唐225、五代十国34、宋70、西夏25、元7となりますが、366年の開窟当時のものは残っておら249窟 狩猎图 西魏2ず、現存する最古の石窟は5世紀はじめ、五胡十国時代のものと見られています。 自由に見学できるのは主だった石窟だけで、あとは合い鍵を持ったガイド引率によるツアーとなります。 代表的な窟をいくつかご紹介しましょう。 現存する窟の中では初期にあたる5~6世紀の北魏時代の窟である257窟。西側の壁には釈迦の前世の物語のひとつ「九色鹿本生」が描かれています。「インダス川の辺りに棲む九色の鹿が溺れる男性を救いましたが、男は鹿の皮を欲しが285窟 飞天 西魏2る王にその居所を知らせてしまいます。ところが鹿は弓で射られる寸前に王に事実を話し、その事実に心を打たれた王が以後鹿や仲間を捕らえないこと誓った」という物語で九色の鹿が釈迦の前世となっています。 6世紀の西魏時代の窟で天井壁画が素晴らしい249窟。仏教説話だけでなく中国古代の神話伝説がテーマとなり、崑崙山(こんろんさん)のかなたの火の山に住むという西王母などの神々も描かれています。 同じく西魏時代の窟で、インド様式の影響を色濃く受けている285窟。天井には伏羲や女禍といった古代伝説の神が描かれ神話の世界が自由奔放な筆致と渋い色彩で表されています。 隋唐の窟で、南壁には「樹下説法図」が描かれ、弥勒菩薩の美しさは莫高窟壁画の中でも随一と言われています。莫高窟のシンボルとしてガイドブックなどにも載っている9層の屋根をもつ建物が96窟です。この洞窟は非常に高さがあり、中には高さ35メートルを超える大きな弥勒菩薩の座像が鎮座しています。これは楽山、栄県に続く、3つめに大きな仏像です。唐の時代888年の開窟であ8-50-6り、当時の皇帝・則天武后は自身を弥勒菩薩の生まれ変わりと称しており弥勒菩薩がブームとなっていたこともあり、96窟の弥勒菩薩は女性的な雰囲気が漂っています。 敦煌観光の素晴らしさは莫高窟に留まりません。砂漠のオアシス都市・敦煌ならではの人気観光地をご紹介いたしましょう。

【ご旅行期間】 随時
【最少催行人員】 大人2名様  ※1名様でも承ります。
【お申し込み締切】 ご旅行7日前
おとな こども(添寝) こども(ベッド有)
1室2名 1室1名 6歳未満 6歳~12歳未満
7,480元~ +1,780元~ 780元~ 3,380元~ +1,780元~

スケジュール

1日目
空路、敦煌へ。(国内乗継便)
到着後、鳴沙山、月牙泉にご案内します。
★観光オプション:ラクダ乗り体験 大人・子供:110元/人

敦煌山荘(4星)又は同等クラス
食事:朝×昼×夕○
2日目
午前中、世界遺産莫高窟にご案内致します。
午後、敦煌郊外西域への重要な関所の一つ玉門関、今なお砂漠にたたずむ漢代長城・河倉城遺跡へご案内致します。

敦煌山荘(4星)又は同等クラス
食事:朝○昼○夕○
3日目
朝食後、嘉峪関へ(400キロ、約5時間)
はるか遠く海へと続く長城の終点嘉峪関長城、縣壁長城へご案内します。

嘉峪関広場假日酒店(4星)又は同等クラス
食事:朝○昼○夕○

4日目
午前中、一見の価値あり魏晋壁画墓へご案内します。
見学後、張掖へ(280キロ、約3時間)
東洋のグランドキャニオンと称される壮大な景色に加え、七つの色を持つことで近年話題の張掖七色丹霞へご案内します。絶景をご鑑賞ください。

張掖華辰国際大酒店(4星)又は同等クラス
食事:朝○昼○夕○
5日目
朝食後、張掖駅へ見送り
列車にて蘭州へ移動
到着後、蘭州空港へ見送り
空路、上海へ

食事:朝○昼×夕×
※日程は航空機や現地の事情によって変更になる場合がございます。
【料金に含まれるもの】観光専用車・各地ホテル大人2名様1室ご利用・日本語ガイド案内料・日程表に明示されている観光スポット入場料及び食事が含まれます。
【ご注意】旅行代金には旅行保険(30元)・上海/敦煌、蘭州/上海往復フライトエコノミークラス・張掖/蘭州列車2等席・空港使用税&燃油サーチャージ(約100元)は含まれておりません。別途お支払いいただきます。またお客様個人的性質の諸費用は含まれておりません。
お問い合わせ国内ツアーお申し込み海外お申し込み
件名*
Subject
お名前*
Your name
メールアドレス*
E-mail address
お電話番号*
Your Telephone
メッセージ
その他ご要望等*
Content of question
送信確認*
sending confirm
 上記送信内容を確認したらチェックを入れてください