New!
You are here: Home » ゴルフ場予約 » 上海ゴルフクラブ(嘉定)【上海高爾夫倶楽部】

上海ゴルフクラブ(嘉定)【上海高爾夫倶楽部】

 

上海ゴルフクラブ

上海(嘉定)

地名が通称になっているのは古くから愛されてきた証拠

上海近郊でゴルフ場の建設が始まったのは1990年代から。第1号は上海カントリー(青浦)で、「嘉定」は“第二世代”に当たるとされる。そもそも、「青浦、嘉定」と地名で称されるほど、当時はまだゴルフ場が少なかった。故に、所在地がそのまま通称となったのだろう。中国ゴルフの黎明期に作られたコースは、どこでもほぼ設計段階から日系が関与している。「嘉定」も例外ではなく、将来的に中国人ゴルファーが来場することを見据えていたであろうとはいえ、開業当時はほぼ日本人のための施設だった。上海経験が長いゴルファーには、「癒しの嘉定」というフレーズは耳慣れたのかもしれないが、要するに日本人たちの憩いの場所として、このコースは大きな役割を果たしてきた。いまとは比べものにならないほど、中国でのビジネスや暮らしが厳しかった時代、ゴルフ場こそが在留邦人にとっての数少ない娯楽の場であり続けたのだ。

「癒しの嘉定」では果たして本当に癒されるのか?

「コースが簡単で好スコアが出やすい」から「癒し」なのだという説もあるが、筆者はそれには与しない。確かに、全体的にフラットでグリーン周りにはしっかりと花道が用意されている設計は、フロントから回れば、さほど苦労をさせられることはないかもしれない。しかし、後ろから回るならば、途端にシビアなコースへと姿を変える。たとえば、ブルーティからならば399ヤードの3番ミドル。ティショットである程度距離を稼いでおきたいところだが、引っかけ=即OBなので叩きに行くには勇気がいる。右サイドには巨大なバンカーが、そして池が配されているので逃げ場はない。ドライバーを遠くまでまっすぐに打つ技術が厳格に求められる。そう。癒される暇なんて、実は案外ないものなのだ。さて、最後に耳寄りなニュースを。「嘉定」はこの春に経営母体が代わり、日本人サービスに改めて力を入れていくという。中国人ゴルフファーが増加の一途をたどる中、日本人は隅に追いやられつつある昨今。でも、せめてここだけは、「癒しの場所」であり続けて欲しいと願うのはあまりに勝手すぎるだろうか。

 

18H・7131ヤード/PAR72

延安高架路から外環線を北上→S5を嘉定方面へ→嘉定出口にで下車→料金所を過ぎ直進→嘉戩公路を右折→新成路を左折→勝竹路に突き当たり左折→嘉行公路を右折、約7km先の左側

上海市内中心部より約50分

(ゴルフトゥデイ上海2013年8,9月号より)