New!
You are here: Home » せっかく中国!旅シリーズ » マカオ

マカオ

マカオは、香港の西60キロほどに位置する中国の特別行政区です。

珠江の河口に位置する古くからの港町で、1999年まではポルトガルの統治下に置かれていました。歴史的にポルトガルを初めとする西洋と中国、日本など東洋の貿易中継地であり、まさに「西洋と東洋の出会いの街」でした。そのためマカオ人は混血が当たり前で、食べ物も、言葉も、生活習慣もわずか数キロ先の中国とは全く異なる文化を500年に渡りわたり育んできました。

ポルトガルは貿易と宗教をセットにして世界中に影響力を広めていましたので、マカオも又極東におけるキリスト教の拠点として多くの宣教師が訪れ、狭い領地に教会が沢山建ち並びました。今でも教会の密集度は世界一です。

ポルトガル植民地であったことから、大東亜戦争の戦火を逃れることができ、これら中世の建物が沢山残っています。さらにその後長く続いた経済の低迷から脱出するため、ポルトガルがギャンブルを合法とし、カジノを中心とした都市計画を進めたことも現在のマカオ観光の礎となりました。マカオでは、歴史的建築、グルメ、カジノのジャンルが楽しめ、中国、ポルトガルの2カ国を楽しめる、1度で2度3度美味しい場所と言えます。

マカオは2005年7月に、22の歴史的建造物と8つの広場を含む地域が「マカオ歴史市街地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録されました。聖ポール天主堂(大聖堂)跡、聖ドミニコ教会、カテドラル(大堂)、などの教会やモンテの砦、セナド広場、盧家屋敷など、ほとんどの世界遺産がマカオ半島の一箇所に集積しており、徒歩でも回れるほどです。

マカオのカジノはラスベガスを抜いて世界一となりました。東洋と西洋が融合したオリエンタルリゾートはいまやカジノの街として世界の注目を集めています。代表的なカジノといえば、「リスボア」です。ホテルに併設された巨大カジノは、マカオの象徴のひとつになっており、バカラ、ルーレット、スロットマシーンなどなんでも揃っています。

2005年に2.4億米ドルを投じて開業し、わずか半年で開業資金を回収したという化け物カジノの「ザ・サンズ・マカオ」もまた有名です。黄金に光り輝く壁面を持つ堂々たる外観はマカオの新名所にふさわしい存在感を示しています。サンズでは、ルーレットやブラックジャックやバカラなどのギャンブルのほかに、常設されている舞台でキャバレーのショーが無料で演じられています。

2007年8月に開業した超大型カジノ+エンターテイメントプレイス、「ザ・ベネチアン・マカオ」は、本拠地のラスベガスをしのぐかとも思われる規模とクオリティで、マカオのカジノブーム第二ラウンドの幕を開けた存在です。敷地面積はラスベガスのベネチアンの約2倍。ベネチアンの周辺は、コタイストリップと呼ばれる広大な埋立地で、カジノをはじめ超高級ホテルやリゾートスパ、ジム、ベニスの町を体感できる水路とゴンドラまで再現しており、カジノという枠組みを越えて、テーマパークあるいは超贅沢なリゾートエリアになっています。

ほかにも2001年に完成した高さ338mのマカオ一高い建築物「マカオタワー」では、地上233mに設けられた展望台から中国の広東省や香港の離島まで見渡せます。このタワーの面白いところは、バンジージャンプが楽しめるということです。233mから一気に落下する体験はなかなかできません。

西洋と東洋の出会いの街・マカオは、今や眠らない街の代名詞とも言える一大観光地と言えます。