New!
You are here: Home » せっかく中国!旅シリーズ » 海南島

海南島

東洋の真珠、中国のハワイ~三亜~

 

中国最南部に位置する海南島は、北部は亜熱帯、南部は熱帯に属しています。中でも海南島最南部の都市「三亜」は熱帯に属しており、冬でも20度を下回ることが稀であり、真夏は海風の影響で高温になりにくいため、中国でも数少ないビーチリゾート地として国内を問わず海外からも多くの観光客が訪れています。

海南島で最も美しいと言われているのが「亜龍湾ビーチ」です。約10kmに渡って白い砂浜が続き、海の透明度も視界20m以上あります。シェラトン、ヒルトン、マリオット、リッツカールトンなどの高級リゾートホテルが林立しており、その雰囲気はハワイマウイ島のカアナパリを彷彿させます。リゾートホテルでゆっくりと過ごすのもよし、徒歩圏内にあるリゾート気分抜群の「亜龍湾ゴルフクラブ」でゴルフを楽しむのも格別です。

三亜市南東位置する「大東海ビーチ」は約3kmの砂浜が続きます。比較的手頃な料金のホテルの周辺には多くの飲食店やビーチ屋台が集積しています。海南島名物の海鮮料理を楽しんだ後ビーチ屋台でバンドの生演奏を楽しみながらお酒を楽しむことができます。

三亜空港からもっとも近い「三亜湾ビーチ」は西へ約15kmにわたる三亜湾にあります。高級別荘・マンションとホテルが混在する静かな落ち着いたビーチで夕陽の美しさにも定評があります。三亜湾ホリデーインを始めとして、各ホテルの料金もお手頃です。

三亜周辺にはゴルフ場も多くあります。中でもおすすめは既述の「亜龍湾ゴルフクラブ」に加えて、「龍峡谷ゴルフクラブ」と「紅峡谷ゴルフクラブ」です。「龍峡谷ゴルフクラブ」は、緑一色の山々に囲まれ起伏した地形を巧みに生かしたコースで美しい自然を感じながらゴルフを楽しめます。また「紅峡谷ゴルフクラブ」は、山を切り開いて作られた壮大なゴルフ場で山あり谷ありのコースもさることながら名物ホールのパー6という長いロングコースが最大の特徴です。

ビーチリゾート、マリンスポーツ、ゴルフなど家族でも友人同士でも楽しむことができる海南島・三亜は、一度は行ってみたい観光地のひとつです。